ヒゲ脱毛OKの日焼けはどのくらい?照射NG理由やUVケア方法を解説!色黒地黒も照射できるクリニックは?

夏は海にキャンプにお祭りなど、外での楽しみが多いなか、美肌の大敵となるのはやはり「日焼け」ですよね。

気をつけていても「うっかり日焼けしてしまった!」という声も多く聞きます。

実は「日焼け」していると脱毛を受けられない可能性があるのはご存知でしたか?

この記事では、ヒゲ脱毛と日焼けの気をつけたい点をまとめています。

CHECK!

・ヒゲ脱毛の照射NGの理由
・UVカットとケアの方法
・日焼け肌、色黒地黒でも照射できる方法
・ヒゲ脱毛と日焼けの疑問

合わせて上記についても解説していますので、ヒゲ脱毛中の方や、これからヒゲ脱毛を始めようと考えている方は参考にしてください。

\日焼けOKなのはここ!/

ゴリラクリニック公式サイト

ヒゲ脱毛ができる日焼け程度とは!どのくらいから断られた?

ヒゲ脱毛を受けるにあたって、日焼けしすぎるとヒゲ脱毛できない可能性があります。

「日焼けしすぎ」と言っても、どの程度からヒゲ脱毛できませんと断られるのでしょうか。

  • クリニックやサロンでの「日焼け」判断基準
  • 「日焼け」後の自分の肌の状態

ここではまず、上記の2つに絞って解説します。

判断基準はクリニック・サロンごとに違う!実際に診てもらわないとわからない

B男さん
日焼けしたけど、焼け跡残ってないから大丈夫

A太さん
日焼け止め塗ってたし、問題ないでしょ

上記のように思っていても、クリニック・サロンで実際に診てもらわないとヒゲ脱毛の施術をできるかどうかはわかりません。

なぜなら、医療脱毛・光脱毛の照射は、毛の黒さ(メラニン色素)に反応して毛を作り出す組織を壊し、脱毛する仕組みだからです。

そのため、肌が黒いと毛根だけではなく、肌にも反応し肌トラブルにつながる可能性があります。

クリニック・サロンによって、日焼けの基準は異なりますので確認をしてみてください。

また「どうしても日に焼けやすい」「外仕事のため1日中日光を浴びてしまう」という方は、カウンセリングで相談することをおすすめします。

例:湘南美容クリニックの日焼け判断目安

湘南美容クリニックの日焼け判断目安

引用元:湘南美容クリニック公式サイト

こちらの画像は、湘南美容クリニックに掲載されている日焼けの判断基準の画像です。

ここまで肌が黒いと、医療脱毛の照射が毛の黒さ(メラニン色素)だけでなく、肌の黒さにも反応してしまうため、湘南美容クリニックでは施術困難としています。

他のクリニックやサロンでも、同じくらい赤黒くなってしまった肌は脱毛できないと考えるべきでしょう。

ただし、元々の肌色は個人差があるので、画像より白かったとしても肌のダメージ具合で脱毛を受けられない場合もあります。

また日焼けをしていなくても、色黒だとクリニック・サロンによっては施術を受けられない可能性もあるので、契約の際に確認をしておきましょう。

赤く炎症・皮向けありの日焼け直後は施術NG

編集部
肌に以下のような症状が出ている場合、施術を控えてください。

  • ヒリヒリする、痛みを感じる
  • 赤く炎症を起こしている
  • 皮むけがある
  • 日焼けした部位が熱を持っている

このような日焼け直後の症状は、肌が負ったダメージが大きいため、無理に脱毛を受けようとしてもクリニック・サロンでは施術NGとなります。

日焼けによる肌ダメージを感じたら、基本的には脱毛予約をキャンセルした方がいいでしょう。

しかし、クリニック・サロンによっては、色黒の方や日焼けが落ち着いた方(日焼けから約2週間後)であれば、その肌に対応できる脱毛機種に変更して施術をしてくれる可能性もあります。

安全に脱毛を受けるには、クリニックやサロンで契約時に十分な確認をする必要があると言えるでしょう。

ヒゲ脱毛期間に日焼けが禁止されている理由

ここからは、ヒゲ脱毛期間中に日焼けが禁止されている理由について解説します。

  • 火傷のリスクがある
  • 十分な脱毛効果が期待できなくなる

理由は上記の2点で、ヒゲ脱毛を安全に行う上で理解しておきたいポイントです。

ヒゲ脱毛中の方も、これからヒゲ脱毛を始めようと考えている方もぜひご覧ください。

皮膚のメラニンに反応して火傷のリスクがある

編集部
ヒゲ脱毛期間に日焼けが禁止されている理由に、皮膚の火傷のリスクがあります。

医療脱毛・光脱毛は、照射されたレーザーや光が毛の黒さ(メラニン色素)に反応して、毛を作り出す組織(毛乳頭や毛根)に熱を与えて脱毛していく仕組みになっています。

そのため、日焼けした肌はメラニン色素により黒くなっているので、毛穴だけではなく肌にも反応してしまい、火傷するリスクがあるというわけです。

また、日焼けした肌は、火傷をした時と同じくらいの肌ダメージを負った状態になっています。

そのダメージを負った肌で脱毛を受けるのは、火傷以外にもシミやくすみの原因になる可能性もあり、かなりリスクが高いと言えるでしょう。

以上の理由から、ヒゲ脱毛期間は日焼けをしないように過ごすことをおすすめします。

十分な脱毛効果が期待できなくなる

ヒゲ脱毛期間に日焼けが禁止されている理由の2つ目が、十分な脱毛効果が期待できなくなることです。

日焼けした肌の場合、照射による火傷のリスクを回避するために、脱毛機の出力を下げて施術しなければなりません。

そのため、脱毛効果が弱まり、満足のいく脱毛結果が得られなくなる可能性が出てきます。

編集部
ヒゲ脱毛期間は特に、入念な日焼け対策が必要です!

ヒゲ脱毛期間の日焼け対策!UVケア方法4つ

ヒゲ脱毛期間中の日焼けは厳禁!ということを理解していただけたところで、続いては、どのように日焼け対策をすればいいのか解説します。

万が一、日焼けしてしまった時の対処法もまとめたので参考にしてください。

  • 日焼け止め
  • 日傘
  • 保湿ケア
  • 72時間以内の冷却と保湿

「日焼け対策ってどうしたらいいか分からない」「日焼け後の対策を知りたい」という方は必見です。

日焼け止めを毎日塗る

編集部
UVカット対策として日焼け止めを「毎日塗る」ことで、紫外線から肌を守れます!

ちょっと手間だなと感じる方でも、最近はメンズコスメの種類が充実していますので、手に取りやすいのではないでしょうか。

  • 日焼け止め成分が入っているオールインワン乳液
  • 顔色を補正してくれるBBクリームタイプの日焼け止め
  • 汗水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止め

上記のように、機能性で選ぶのがおすすめです。

ヒゲ脱毛中は特にこまめに塗り直すことも忘れないようにしましょう。

また、日焼け止めを選ぶ際によく見る「SPF」「PA」ですが、以下のようなUVカットに関する値を示しています。

SPF・PAとは?

【SPF】
UV-B(日焼け・シミの直接的な原因)をどれだけ防げるか示した値。

【PA】
UV-A(シワやたるみなどの肌の老化原因)にどれだけ防げるか示した値。

シーン SPF PA
日常の買い物・散歩 10〜30 +または++
野外での軽い運動 10〜30 ++または+++
炎天下でのマリンスポーツ・レジャーなど 30〜50 +++または++++

日焼け止めを上手に使い分けて、脱毛中のデリケートな肌を紫外線から守りましょう。

ヒゲ脱毛当日は日焼け止めを塗らないように注意!

日焼け止めに関して1つ注意点があります。

ヒゲ脱毛を受ける当日には、日焼け止めを塗らないようにしてください!

理由としては、毛穴に日焼け止めが入り込むので、レーザー脱毛や光脱毛の照射が上手く届かなくなり、十分な脱毛効果を得られなくなるからです。

可能な限りスッピンの状態で施術を受けることで、より満足のいく施術が受けられますよ!

CHECK!

・日頃は日焼け止めをしっかり塗る
・ヒゲ脱毛当日は日焼け止めを塗らずに施術を受ける

日差しが強い日は日傘を!物理遮断が有効

編集部
日焼け止めの他にUVカット対策としておすすめなのが、紫外線を物理的に遮断できる日傘です!

日傘は紫外線遮蔽率が高いものを選べば、効率よくUVカットできます。

また、紫外線から顔を守るのと同時に、直接日光に当たらないので体の涼しさも保たれますので、日差しの強い日には日傘も積極的に取り入れましょう。

しかし、地面からの照り返しは防御できませんので日傘だけではなく、日焼け止めの併用をおすすめします。

晴雨兼用タイプや折り畳みタイプもあるので、自身の求める機能性や好みに合わせて選んでみてください。

保湿ケアをしっかり行う

編集部
日焼け止めや日傘でUVカット対策をきちんとしていても、紫外線を防ぎきれない事も残念ながらあります。

そういった場合は、UVケアとして肌をしっかり保湿してみてください。

紫外線を受けた肌は水分が不足している状態なので、スキンケアを普段より入念に行う必要があります。

「夏場は特にベタつくから苦手…」と感じる方も、現在では様々なタイプの化粧水・乳液がありますので、自身に合うものを使用しましょう。

また「保湿」と言っても外側からだけではなく、内側から肌を潤わすことも大切です。

いつも以上に水を飲み、可能であれば日焼け後に有効なビタミンAやC、Eを食事やサプリメントから摂取しましょう。

日焼けしてしまったらすぐに冷却・保湿

日々のUV対策に励んでいても「うっかり日焼け止め塗り忘れた!」「海で予想以上に日焼けしてしまった!」なんてことも考えられます。

万が一の日焼けは、以下のUVケアを行いましょう。

  • 日焼けした部分を氷や保冷剤などで冷やす
  • 化粧水パック、保湿クリームなどでいつも以上にしっかり保湿

特に、日焼け直後の72時間以内の対処をすることで、日焼け部分を炎症させない・色素を沈着を防げます。

日焼けの炎症が落ち着くまで、冷やす→保湿を繰り返し行ってください。

ヒゲ脱毛完了後、シミなどが出てきてしまっては、せっかくのツルツルな肌ももったいないと思いませんか?

編集部
UVカットとUVケアどちらもしっかり対策していきましょう!

日焼けOKのヒゲ脱毛方法3選!色黒・地黒にも対応

脱毛する上で「日焼け」には気をつけるべきですが、以下のような方もいるのではないでしょうか?

C太さん
日焼けしやすい肌だし、ヒゲ脱毛諦めようかな…

A男さん
そもそも色黒だからヒゲ脱毛できないの?

このような方でも安心してください!日焼け肌、地黒色黒の方でもできる脱毛方法があります。

  • メディオスター
  • ジェントルYAG
  • ニードル脱毛

1つずつご紹介しますのでご覧ください。

メディオスターによる医療レーザー脱毛

日焼け肌、地黒色黒の方でも可能な脱毛方法の1つ目が「メディオスター」での医療レーザー脱毛です。

メディオスターNeXT PROの特徴

・蓄熱式脱毛機で痛みが軽減
・従来の脱毛機では対応できなかった産毛などの脱毛も可能
・日焼け肌、色黒肌にも対応可能

メディオスターは、毛根よりも皮膚の浅い部分にある「バルジ領域」という毛の成長を指令している部分にダメージを加えて脱毛できます。

従来の方法とは違い、メラニン色素に反応する脱毛機ではないため、日焼け肌や色黒の方でも脱毛可能です。

「バルジ領域」は、60度前後の熱で施術可能なので、従来の方法に比べると痛みが軽減されます。

編集部
ヒゲ脱毛の痛みが心配な方にもおすすめの脱毛機です!

ジェントルYAGによる医療レーザー脱毛

日焼け肌、地黒色黒の方でも可能な脱毛方法の2つ目が「ジェントルYAG」による医療レーザー脱毛です。

ジェントルYAGの特徴

・皮膚表面などの浅い部分のメラニン色素には反応しない
・太くて濃い毛が得意
・他の脱毛機に比べると、痛みが強い
・美容効果もある

ジェントルYAGは、レーザーの波長が長いので、他の脱毛機より肌の深部に届きやすく、より太くて濃い毛の脱毛に向いています。

また、毛乳頭のメラニンにのみ反応するため、日焼け肌や地黒の方でも施術できる脱毛方法です。

編集部
色素沈着している部位にも施術できるので、VIOの脱毛に用いられることが多いようです!

ジェントルYAGは、皮下組織を刺激し、コラーゲンの再生を促進する効果もあるため、美容効果を期待できるのも嬉しいポイントです!

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

日焼け肌、地黒色黒の方でも可能な脱毛方法の3つ目が「ニードル脱毛」という美容電気脱毛です。

ニードル脱毛の特徴

・確実な脱毛効果が得られる
・毛穴一つ一つに対して施術を行うため時間と費用が掛かる
・デザインにも対応可能

ニードル脱毛は、毛1本ごとに脱毛処理を行う方法です。

レーザー脱毛や光脱毛とは違い、一つ一つの毛穴に針を入れ、そこに電流を流して毛根を破壊していきます。

そのため、肌の色が黒かったり、白髪であったとしても、脱毛可能です。

永久脱毛で確実な結果を得たい方におすすめな方法です。

ただしニードル脱毛の場合、時間制や本数制で料金が決められているので、他の方法と比べた時に費用がかさむ可能性があります。

編集部
痛みが苦手な方は、カウンセリング時に相談してみてください。

日焼けが気になる方におすすめの医療脱毛クリニック

続いては日焼け肌、色黒が気になる方におすすめの医療脱毛クリニックをまとめました。

  • ゴリラクリニック
  • リゼクリニック
  • 湘南美容外科クリニック

日焼け肌、色黒の方でも安心して脱毛できるクリニックなので、実際これからヒゲ脱毛をしようと考えている方は必ずチェックしてください。

ゴリラクリニック|ヒゲが濃い方向きの追加照射100円

ゴリラクリニック公式サイト

おすすめの医療脱毛クリニック1つ目は、男性専用美容クリニックの「ゴリラクリニック」です。

先ほど解説した、メディオスターとジェントルYAGでの脱毛ができ、脱毛機指定も可能なので日焼け肌でも安心です。

取り扱い脱毛機 ・蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器(メディオスター)
・熱破壊式ヤグレーザー脱毛器(ジェントルYAG)
・ライトシェア・デュエット
・ライトシェアXC
・ジェントルレーズPRO
プラン ①ヒゲ全部位
②ヒゲ脱毛完了コース
ヒゲ脱毛料金(税込) ①52,800円【1回】
②189,400円【6回】

※鼻下・あご・あご下・頬・もみあげ・首をセットにした金額です。

ゴリラクリニックでは、満足のいくヒゲ脱毛を目指すために、6回コース終了後から3年間は追加照射1回100円で脱毛を受けられます。

ツルツルの肌を目指したい方や、ヒゲが濃い方におすすめです。

リゼクリニック|肌トラブル治療代が無料

男性医療脱毛 引用元:メンズリゼ公式サイト

おすすめの医療脱毛クリニック2つ目は保証が手厚い「リゼクリニック」です。

取り扱い脱毛機 ・ジェントルヤグPro-U
・ライトシェアデュエット
・メディオスター
・ラシャ
プラン ヒゲ全体脱毛セット
ヒゲ脱毛料金(税込) 64,800円【3回】
99,800円【5回】

※頬・もみあげ・鼻下・あご・あご下をセットにした金額です。

リゼクリニックでも、メディオスターやジェントルYAGの脱毛機の取り扱いがあります。

ただし、脱毛機を指定できるわけではないので、カウンセリングの際に相談してみるのがおすすめです。

脱毛による肌炎症トラブルに備えて、無料で軟膏を塗布してくれるので安心して利用できます。

湘南美容クリニック|ヒゲが薄い方へ!お得に医療脱毛

ひげ脱毛 引用元:湘南美容クリニック公式サイト

おすすめの医療脱毛クリニック3つ目は「湘南美容クリニック」です。

取り扱い脱毛機 ・ウルトラ美肌脱毛
・メディオスター
・ジェントルレイズ
プラン ①ヒゲ3部位(口髭、あご、アゴ下)
②ほほ、もみあげ
③首
ヒゲ脱毛料金(税込) ① 9,980円【1回】/29,800円【6回】
② 8,650円【1回】/29,800円【6回】
③6,180円【1回】/29,280円【6回】

湘南美容クリニックでも、メディオスターの取り扱いがありますが、取り扱い院が限られているので注意が必要です。

また、基本的には脱毛機の指定は受けていないですが、希望がある場合には相談可能なので、脱毛機にこだわりがある方は、事前相談が必須になります。

6回までのコースが他クリニックと比べても非常にお得なので、ヒゲが薄い方におすすめです。

日焼けが気になる方におすすめの脱毛エステサロン

次に日焼け肌、色黒が気になる方におすすめの脱毛エステサロンをまとめました。

  • メンズTBC
  • ダンディハウス

紹介する2つのサロンには、体験コースの用意があります。

ニードル脱毛でのヒゲ脱毛が、どのようなものかを試してから契約したい方に特におすすめです。

メンズTBC|美容電気脱毛ならここ!1,000円脱毛体験

メンズTBC フェイシャル	引用元:メンズTBC公式サイト

おすすめの脱毛エステサロン1つ目は、美容電気脱毛の「メンズTBC」です。

メンズTBCでは、毛の1本あたりの料金設定になっているので、各人の希望に沿った脱毛量に調整できます。

取り扱い脱毛機 ・MEN’S TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)
・エピラッシュ(美容ライト脱毛)
プラン ①Hi-エピ【ビジター価格】/【メンバー価格】
②イオシスエピ-M【ビジター価格】/【メンバー価格】
ヒゲ脱毛料金(税込) ① 157円【1本】/121円【1本】
② 143円【1本】/110円【1本】

※入会金20,460円を支払うとメンバー価格適応になります。

初回ヒゲ脱毛体験を150本1,000円(税込)で受けられるので、気軽にヒゲ脱毛を始めたい方におすすめです。

ダンディハウス|550円でブレンド法が試せる

脱毛500円キャンペーン 引用元:ダンディハウス公式サイト

おすすめの脱毛エステサロン2つ目はエステでもおなじみの「ダンディハウス」です。

ダンディハウスでの脱毛は、時間制の料金設定になっており、ニードル脱毛の内の1つ「ブレンド法」を使っての脱毛が可能です。

取り扱い脱毛機 ・ブレンド法
・美容ライト脱毛(一部店舗のみ)
プラン 通常プラン
ヒゲ脱毛料金(税込) 24,200円【60分】

初めての方には体験コースも用意されていて、550円(税込)でカウンセリング、ブレンド法体験、アフターケアまで体験できます。

肌のアフターケアまで行ってくれるのは、脱毛とともに肌も一緒に整えていきたい方におすすめです。

ヒゲ脱毛箇所の日焼けに関する疑問!知恵袋の質問も解決Q&A

最後に、ヒゲ脱毛箇所の日焼けに関する疑問や知恵袋の質問をまとめました。

  • ヒゲ脱毛後の日焼けにも気をつけないといけない?
  • ヒゲ脱毛と日焼けサロンに同時に通える?

上記2つの疑問にお答えしていますので、疑問に感じている方はチェックしてみてください。

ヒゲ脱毛後の日焼けにも気をつけないとダメ?

質問者
ヒゲ脱毛の直前に日焼けしてなければいいんでしょ?

質問者
ヒゲ脱毛後は期間が空くから日焼けしても大丈夫では?

上記のような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、ヒゲ脱毛期間中を通して、日焼けには細心の注意を払ってください。

ヒゲ脱毛の照射で肌へのダメージあるのにも関わらず、日焼けによるダメージが加わると、肌トラブルを引き起こしやすくなるので、日焼け対策は必ず行いましょう。

また、日焼け対策は日々の積み重ねが大切です。

ほんのちょっとの油断で日焼けしてしまうと、次回の照射時期の予定日延期につながるので気をつけてください。

ヒゲ脱毛と日焼けサロンに同時に通うのは無理?

質問者
黒い肌の方が好みなので日焼けサロンに通っているが、ヒゲ脱毛したい

質問者
ヒゲの剃り跡が青くなるから肌の色でごまかすために日焼けサロンにも通いたい

上記のように、ヒゲ脱毛と日焼けサロンに同時に通いたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヒゲ脱毛と日焼けサロンの併用は、肌へのダメージを考えますと基本的には難しいです。

どうしても必要な場合は、クリニックやサロンに事前に相談しておきましょう。

また、青ヒゲを隠すために日焼けサロンを希望されている方は、ヒゲ脱毛のみでも青ヒゲは解消可能なのでご安心ください。

日焼けケアをしてヒゲ脱毛をスムーズに進めよう

この記事では、ヒゲ脱毛と日焼けについてをまとめました。

この記事のまとめ

・ヒゲ脱毛の照射NGの理由
・UVカットとケアの方法
・日焼け肌、色黒地黒でも照射できる方法
・ヒゲ脱毛と日焼けの疑問

「日焼けしやすい肌だから…」「地黒だから諦めていた」という方でも、安全にヒゲ脱毛を受けられると理解していただけたのではないでしょうか。

ヒゲ脱毛効果を最大限に引き出すため、そしてキレイな肌を保つために、日焼け対策をしっかり行っていきましょう。

関連記事