ダンディハウスとレジーナクリニックオムの脱毛比較!17項目で違いを比べたらおすすめはどっち?

今回は、ダンディハウスとレジーナクリニックオムの脱毛を比較

男性編集部
総合的に判断すると、レジーナオムがおすすめ。

ダンディハウスは、追加料金や脱毛範囲に注意が必要です。

料金はもちろん、施術者の性別や院内・スタッフの雰囲気・キャンペーンなど、細かく17項目で徹底的に比べました。

これさえ読めば、どちらのサロン・クリニックがあなたに合っているのかわかりますよ。

ダンディハウスとレジーナオムを比較!選び方のポイント

ダンディハウス レジーナクリニックオム

ダンディハウスとレジーナクリニックオムを選ぶときには、次のポイントに着目してみましょう。

  • ヒゲが濃い・VIO脱毛→レジーナクリニックオム
  • ヒゲを細かくデザイン脱毛→ダンディハウス
  • 追加料金なしで脱毛→レジーナクリニックオム

では、それぞれ詳しくみていきます。

ヒゲが濃い・VIO脱毛ならレジーナクリニックオム

ダンディハウス レジーナクリニックオム

ヒゲの剛毛が気になる・VIO脱毛がしたいと考えているなら、レジーナオムを選びましょう。

レジーナオムには、ヒゲ脱毛コース終了後2年間1回100円で追加照射ができるプランがあります。

濃いヒゲはなかなかしぶとく、ツルツルを目指すなら30回近く施術が必要な場合もあるので、費用がかさみやすいです。

1回100円なら負担なく通えて、剛毛も撃退しやすいですよ。

また、ダンディハウスはVIO脱毛ができないので、デリケートゾーンの脱毛ならレジーナオムを選ぶようにしてください。

ヒゲを細かくデザイン脱毛するならダンディハウス

ダンディハウス レジーナクリニックオム

ヒゲを理想通りに細かくデザインしたいなら、ダンディハウスがおすすめです。

ダンディハウスでは、ムダ毛を1本ずつ処理できるブレンド法を導入しており、希望のデザインを依頼できます。

おしゃれヒゲを目指したい方は、ダンディハウスを選びましょう。

追加料金なしで脱毛するならレジーナクリニックオム

ダンディハウス レジーナクリニックオム

表示料金のみで脱毛をするなら、レジーナオムを選ぶとよいでしょう。

レジーナオムでは、麻酔代などの追加料金がかかりません。

一方、ダンディハウスは入会金やニードル代など、諸費用が別途必要。

思いのほか総額が膨れ上がってしまった…なんて失敗をしたくない方は、レジーナオムがおすすめです。

ダンディハウスとレジーナクリニックオムの比較一覧17項目

比較項目 ダンディハウス レジーナクリニックオム
ヒゲ全体
(ヒゲ3部位+ほほ・もみあげ・首)
24,200円(1時間) 132,000円(6回)
顔・VIOなし全身 145,200円(1回) 272,800円(5回)
VIO脱毛 なし 173,250円(5回)
追加料金 入会金・ニードル代比較テーブル用画像△ なし比較テーブル用画像◎
割引キャンペーン 学割比較テーブル用画像◎ なし比較テーブル用画像△
支払い方法 現金一括
クレジットカード
分割ローン
現金一括
クレジットカード
分割ローン
デビットカード
paypay
通う頻度 ブレンド:要相談
ライト:1か月
2~3か月
全身脱毛にかかる回数 1日比較テーブル用画像◎
完了までの回数(目安) 公式サイトに記載なし 公式サイトに記載なし
予約方法 電話・店舗比較テーブル用画像〇 電話・店舗比較テーブル用画像〇
営業時間 12:00~21:00
※店舗によって異なる
12:00〜21:00(月〜金)
11:00〜20:00(土日祝)
※院によって異なる
院数(2022年1月現在) 44店舗
※うち海外2店舗、ライト脱毛は16店舗比較テーブル用画像◎
3院
比較テーブル用画像△
脱毛範囲 VIO除く全身比較テーブル用画像△ 顔・VIO含む全身比較テーブル用画像◎
脱毛機 ライト脱毛とブレンド法 2種類の医療レーザー
施術者の性別 希望不可比較テーブル用画像△ VIO・下半身は男性比較テーブル用画像〇
スタッフ接客対応 賛否あり比較テーブル用画像△ 良好比較テーブル用画像◎
院内の雰囲気 良好比較テーブル用画像◎ 口コミなし

ダンディハウスとレジーナクリニックオムの料金を比較

男性編集部
ダンディハウスはエステサロン、レジーナクリニックオムはクリニックなので、単純に料金だけでは比べられません。そこも念頭において、料金体系をチェックしましょう。

ヒゲ脱毛料金を比較

比較項目 ダンディハウス レジーナオム
ヒゲ3部位 24,200円(1時間) 64,680円(6回)
ヒゲ全体
(ヒゲ3部位+ほほ・もみあげ・首)
24,200円(1時間) 132,000円(6回)

ダンディハウスはブレンド法による施術で、時間単位の料金設定です。

一方レジーナオムは、対象部位すべて照射して1回とカウントする料金ですよ。

契約時に22,000円を払うと、コース終了後2年間は1回100円で追加照射ができるため、濃いヒゲに悩んでいるならレジーナオムがおすすめ!

\ヒゲが濃いなら/

全身脱毛料金を比較

部位 ダンディハウス レジーナオム
顔・VIOなし全身 145,200円(1回) 272,800円(5回)
VIOあり全身 446,050円(5回)
顔(ヒゲ)あり全身 339,900円(5回)
顔(ヒゲ)・VIOあり全身 471,900円(5回)

ダンディハウスには全身脱毛プランがないため、ライト脱毛の部分脱毛プラン×全身の部位で算出しています。

表の通り、ダンディハウスで全身脱毛をするとなるとかなり高額です。

通常、サロン脱毛は医療脱毛よりも1回あたりの金額を抑えられることがほとんどですが、ダンディハウスの場合は医療脱毛よりも値段が高くなってしまいます。

全身脱毛を考えているなら、レジーナクリニックオム一択と考えてOKです。

\全身脱毛をするなら/

レジーナクリニックオムにしかない料金プラン

部位 レジーナオム
VIO 173,250円(5回)

ダンディハウスではVIO脱毛ができませんが、レジーナクリニックオムではVIOのみのプランも用意しています。

VIO脱毛を希望する方は、レジーナオムを選びましょう!

\VIO脱毛をするなら/

ダンディハウスとレジーナオムの追加料金・オプションサービスを比較

男性編集部
ダンディハウスは、入会金などの追加料金がかかる点がネック。

他方、レジーナオムは追加料金なしで脱毛可能です。

比較項目 ダンディハウス レジーナオム
カウンセリング代 無料比較テーブル用画像〇 無料比較テーブル用画像〇
入会金 有料比較テーブル用画像△ 無料比較テーブル用画像〇
初診・再診料 無料比較テーブル用画像〇
予約キャンセル料 無料比較テーブル用画像〇 無料比較テーブル用画像〇
シェービング代 無料
比較テーブル用画像〇
無料
比較テーブル用画像〇
麻酔代 無料
比較テーブル用画像〇
ニードル代 有料比較テーブル用画像△

ダンディハウスは入会金・ニードル代などが別料金

ダンディハウスは、入会金33,000円と、ニードル代が毎回220円かかります。

そもそもの脱毛料金もあまり安くない上に、さらに追加料金がかかるのは少し残念ですね。

レジーナクリニックオムは追加料金が不要

一方、レジーナクリニックオムは追加料金なしで最後まで脱毛OK。

一般的に有料の麻酔も、無料で利用できます

表示金額のみで脱毛するなら、レジーナクリニックオムを選びましょう!

\追加料金なしで脱毛できる/

ダンディハウスとレジーナオムの割引キャンペーンを比較

男性編集部
ダンディハウスは学割がありますが、残念ながらレジーナオムは割引を行っていません。

割引 ダンディハウス レジーナオム
学割 最大35%オフ
比較テーブル用画像◎
なし比較テーブル用画像△

ダンディハウスの割引キャンペーン

ダンディハウスでは、学割を利用できます。

割引率も、最大35%オフと他店と比較しても割引率が高いのが魅力です!

レジーナクリニックオムは割引キャンペーンがない

レジーナクリニックオムは、割引キャンペーンを行っていません。

女性用のレジーナクリニックでも、これまでに学割などの割引を行ったことがないため、今後キャンペーンが開催される可能性は低いと思われます。

もしもレジーナオムが気になっているなら、キャンペーンを待つより今すぐ通い始めたほうが賢い選択でしょう。

ダンディハウスとレジーナクリニックオムの支払い方法を比較

男性編集部
ダンディハウスもレジーナオムも、支払い方法はほぼ同じです。

支払い方法 ダンディハウス レジーナオム
現金一括 OK比較テーブル用画像◎ OK比較テーブル用画像◎
クレジットカード OK比較テーブル用画像◎ OK比較テーブル用画像◎
分割ローン OK比較テーブル用画像◎ OK比較テーブル用画像◎
デビットカード OK比較テーブル用画像◎
paypay OK比較テーブル用画像◎

ダンディハウスの支払い方法

  • 現金一括
  • クレジットカード
  • 分割ローン

ダンディハウスでは、上記3つの支払い方法を選択できます。

分割ローンは、アルバイト程度でも収入があれば、学生やフリーターでも審査は通ることが多いです。

レジーナクリニックオムの支払い方法

  • 現金一括
  • クレジットカード
  • 分割ローン
  • デビットカード
  • paypay

一方、レジーナオムでは上記5つの支払い方法を利用できます。

デビットカードも使えるので、クレカを持っていない・現金を持ち合わせていない場合も支払い可能ですね。

ダンディハウスとレジーナオムの通う回数と頻度を比較

比較項目 ダンディハウス レジーナオム
通う頻度 ブレンド:要相談
ライト:1か月
2~3か月
全身脱毛にかかる回数 1日比較テーブル用画像◎
完了までの回数(目安) 公式サイトに記載なし 公式サイトに記載なし

ダンディハウスの通う回数と頻度

ダンディハウスでは、ブレンド法の施術ペースは脱毛の進み具合を見ながら個別に設定します。

一方、ライト脱毛は最短1か月に1回通えるため、時間に余裕のある方や平日休みの方におすすめです!

レジーナクリニックオムの通う回数と頻度

レジーナクリニックオムでは、2〜3か月の頻度で通いますが、医療脱毛なので1回の施術による効果が大きく、サロンよりも少ない回数・短い期間で完了できる傾向にあります。

そのため、忙しくて時間が取れない方・何度も通うのは面倒な方に向いていますよ。

ダンディハウスとレジーナオムの予約の取りやすさを比較

男性編集部
ダンディハウスは、予約に関する口コミも良好。一方、残念ながらレジーナオムの口コミはまだありませんでした。

予約方法・営業時間・店舗数の違い

比較項目 ダンディハウス レジーナオム
予約方法 電話・店舗比較テーブル用画像〇 電話・店舗比較テーブル用画像〇
営業時間 12:00~21:00
※店舗によって異なる
12:00〜21:00(月〜金)
11:00〜20:00(土日祝)
※院によって異なる
院数(2022年1月現在) 44店舗
※うち海外2店舗、ライト脱毛は16店舗比較テーブル用画像◎
3院
比較テーブル用画像△

ダンディハウス・レジーナオムの大きな違いの一つが、店舗数です。

ダンディハウスは全国に店舗があるのに対し、レジーナオムはまだオープンしたばかりなので院数が少ないのがデメリット。

転勤や引っ越しをしても通い続けたいなら、ダンディハウスを選んだほうがよいでしょう。

ただし、ダンディハウスもライト脱毛を受けられる店舗はかなり限られているので注意が必要です。

\全国から通いやすいのは/

ダンディハウスの予約に関する口コミ評判

スタッフの方が皆とても親切、かつ施術も丁寧なので気に入ってます。
錦糸町駅前のマルイに入っているためアクセスも良く、予約も比較的入れやすいので、通いやすいです。

引用元:Googleマップ 丸井錦糸町店

予約のキャンセルも他のエステなどに比べて融通が効き、特に当日であっても時間の変更ができるのは有難いです。

引用元:Googleマップ 銀座本店

きちんと予約していれば、待たされることはほぼありません。
スタッフの方も丁寧に対応して下さいます。

引用元:Googleマップ 池袋店

レジーナクリニックオムの予約に関する口コミ評判

男性編集部
レジーナオムはまだ開院したばかりのため、予約に関する口コミがありませんでした。

口コミを見つけ次第こちらに追加していくので、気になる方はぜひこのページをブックマークしてくださいね。

ダンディハウスとレジーナクリニックオムの脱毛範囲を比較

男性編集部
ダンディハウスとレジーナオムの脱毛範囲の違いは、VIOの施術ができるかどうかです。

ダンディハウスの脱毛範囲

ダンデイハウスでは、VIOを除く・ヒゲを含む全身の脱毛が可能です。

ライト脱毛は首から下のみ、ブレンド法は全身に対応しています。

レジーナクリニックオムの脱毛範囲

レジーナクリニックオムでは、顔・VIO含む全身の脱毛が可能です。

顔は、額や鼻筋も照射OKですよ。

\VIO脱毛なら/

ダンディハウスとレジーナオムの脱毛機は?効果や痛み

男性編集部
レジーナクリニックオムは医療脱毛なので、サロンであるダンディハウスよりも高い出力での照射が可能です。

ダンディハウスはライト脱毛とブレンド法

ダンディハウスでは安全性・有効性が高いブレンド法を使用することで、丁寧な処理が可能。自然で美しい仕上がりに導きます。

引用元:ダンディハウス公式サイト

ダンディハウスのライト脱毛は脱毛照射面が大きく、また連続照射もできるためスピーディーな施術を実現。ブレンド法を組み合わせることで細かい仕上がりの調整も可能です。

引用元:ダンディハウス公式サイト

ダンディハウスでは、毛を1本1本処理するブレンド法と、抑毛効果が期待できるライトを照射するライト脱毛を受けられます。

レジーナクリニックオムは2種類の医療レーザーを使い分け

レジーナクリニック オムでは、冷却機能を搭載した医療脱毛機を採用し、レーザー照射と同時に肌を冷却し、施術時の痛み軽減につなげています。
ヒゲとVIO以外の全身脱毛には、低出力のレーザーを照射し、肌に負担をかけにくい蓄熱式脱毛機を使用します。

引用元:レジーナクリニックオム公式サイト

レジーナオムでは、部位によって2種類の脱毛機を使い分けて施術を行います。

ダンディハウスとレジーナオムの施術を行うのは女性?男性?

部位 ダンディハウス レジーナオム
ビキニライン・男性器・肛門周り 希望できない比較テーブル用画像△ VIO・下半身は男性比較テーブル用画像〇
上記以外 希望できない比較テーブル用画像△ 女性看護師が対応する場合あり比較テーブル用画像△

ダンディハウスは施術スタッフの性別を希望できない!VIO脱毛もNG

ダンディハウスでは、施術者の性別を指定できません。

しかし、そもそもVIO脱毛が不可なので、あまり気にならない方が多いでしょう。

レジーナクリニックオムはVIOと下半身は基本的に男性!女性も在籍

レジーナオムでは、VIOと下半身は基本的には男性看護師が対応します。

それ以外の部位については、女性看護師が対応することもあるようです。

VIO脱毛を希望する方で、女性に見られるのは恥ずかしいと感じる方は、レジーナオムがおすすめです。

\男性看護師によるVIO施術なら/

ダンディハウスとレジーナオムのスタッフ接客対応を比較!勧誘はある?

男性編集部
ダンディハウスは、勧誘について気になる口コミが見受けられました。

一方、レジーナオムは評価も上々なようです。

ダンディハウスのスタッフ接客対応に関する口コミ評判

私が体験した店舗では、勧誘というよりかは相談に乗ってくれる感じだったし、
最後の個室部屋で今日は決めれないと伝えた時も、ちゃんと理解してくれた。
高い化粧品についても納得できる説明をしてくれる知識のある担当者さんでした。

引用元:みん評

体験コースから入会したが、その後も追加の勧誘がしつこく、数回でもと強要してくる。
料金は高く、施術レベルも低く良いところが見当たらない。

引用元:みん評

勧誘がしつこいので仕方なく契約してしばらく通っていましたが、ひどかったです。
予約通りの時間に来て部屋に案内されても準備が出来てないようで案内されてから30分近く待たされたり、施術前にしつこく追加のコースを勧誘してくるため通うたびにイライラしました。

引用元:みん評

レジーナクリニックオムのスタッフ接客対応に関する口コミ評判

初めての医療脱毛ということで、不安がありましたが、施術を担当してくれた方が痛みの具合等細かく確認しながら進めてくださり、問題なく施術を受けることができました。

引用元:Googleマップ 新宿院

初めての医療脱毛(全身、髭、デリケート)で、1回目を経験済み、今後も安心して通院できそうな印象で現時点で概ね満足しています。

【好感が持てる点】
#丁寧な接客、施術対応(受付、看護師)
#開院間もないため、衛生的な環境

引用元:Googleマップ 新宿院

初めての脱毛でしたが、詳しく説明して頂いて安心しました。
接客丁寧で、対応もとても良かったです。

引用元:Googleマップ 新宿院

ダンディハウスとレジーナオムの院内・待合室の雰囲気を比較

男性編集部
ダンディハウスは、リッチで落ち着いた雰囲気の店内に仕上がっています。

レジーナオムについては、まだ口コミがありませんでした。

ダンディハウスの店内・待合室の画像とその口コミ

フロアも綺麗でスタッフの方も綺麗です♪

引用元:Googleマップ Luz自由が丘店

店内も落ち着いた雰囲気で高級感がありスタッフさん達の対応も丁寧でとてもいいサロンだと思います。

引用元:Googleマップ 横浜店

サロンも清潔感に溢れていて落ち着いた雰囲気でリラックスできます。

引用元:Googleマップ 名古屋栄本店

レジーナクリニックオムの院内・待合室の画像とその口コミ

レジーナクリニックオムは、オープンしたてなこともあり、院内に関する口コミが見当たりませんでした

しかし画像を見ると、ホワイトを基調とした綺麗な院内であることがわかります。

ヒゲのおしゃれ脱毛ならダンディハウス!濃いヒゲやVIOならレジーナオム

脱毛500円キャンペーン 引用元:ダンディハウス公式サイト

ヒゲをおしゃれにデザインしたいなら、ダンディハウスがおすすめ。

1本1本処理できるブレンド法で、理想通りのヒゲを実現できるでしょう。

また、店舗数が多かったり、学割の割引率が高かったりするのも魅力です。

一方、ヒゲのおしゃれ脱毛を希望する方以外は、レジーナオムを選んで間違いなし

料金設定も医療脱毛の中では良心的であり、ヒゲコース終了後2年間は1回100円で追加照射できたり、麻酔などの追加料金がかからなかったりするのがメリット。

院数の少なさは残念ですが、通える範囲にあるならまずおすすめのクリニックです。

少しでも迷ったら、まずは無料カウンセリングに行ってみましょう。

脱毛はある程度お金も時間もかかるので、自分に合わないサロン・クリニックだと通うのが本当に苦痛です。

例えばダンディハウスは、550円でブレンド法が試せるプランも用意しています。

いろいろ試したり、実際に足を運んで話を聞いたりして、しっかり納得できてから契約に進んでくださいね。

メンズライター プロフィール
Hashima


メンズ編集部員、兼、プロジェクトマネージャー。気になったことはとことん調べ尽くす性格。男性の脱毛についても、多数の脱毛サロン・クリニック取材を行い、常に最新の情報アップデートに努めています!モットーは、愛する家族に「パパがこれを作ったんだぞ!」と自慢できる仕事をすること。

関連記事