髭脱毛の種類・脱毛機ごとの特徴を解説!レーザーや光・ニードルのマシンや痛み・効果の違いとは?

B男さん
髭の脱毛に興味はあるけれど、種類が多すぎてわからない!

多くの医療脱毛クリニック・脱毛サロンがより安全に、より効果の高い脱毛を提供しようと、様々な工夫を凝らしてくれていますが、選ぶ時に迷ってしまうこともありますよね。

「クリニック」や「サロン」とひとくくりにしてみても、それぞれに使用している機械や方式は違っています。

ここでは多種多様な脱毛を種類ごとに分けて、髭や肌の悩みに合ったクリニック・サロン選びをサポートしていきます。

編集部
髭脱毛の施術に悩んだことのある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

髭脱毛は大きく3種類!特徴や各レーザー・マシンまとめ

まずは、髭脱毛を行える脱毛方式について紹介していきます。

男性の髭脱毛に使用される方式は大きく分けて「医療レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」の3種類があげられます。

これらは、レーザー・光の種類によって細かく分かれており、それぞれ異なった特徴があります。

種類 特徴
医療レーザー脱毛 ダイオードレーザー 色黒・毛が薄い場合もOK
アレキサンドライトレーザー 肌の表面にある毛に効果アリ
ヤグレーザー 肌の奥深くまで届く
ハイブリッド 複数のレーザーを同時照射
光脱毛 IPL 脱毛と同時に美肌効果アリ
SHR 毛周期や肌・毛の色に関わらず施術OK
SSC 美肌効果のあるジェルで脱毛
HHR(ハイブリッド) 毛の種類で光を使い分け
ニードル脱毛 エステサロン
(美容電気脱毛)
その場で毛が無くなる、生えてこない
医療脱毛クリニック

特に剛毛の髭の方や、敏感肌の方、日焼けをしている方などは、施術後のトラブルを防ぐためにも、きちんと脱毛の方式について知っておくことをおすすめします。

編集部
髭の生え方や太さは人それぞれですから、自分の状況にあった方式を選択してくださいね。

髭の医療レーザー脱毛の種類を比較!痛みや効果は?

レーザーによる脱毛は、医療脱毛クリニックでは最も多く取り入れられており、その種類は様々です。

「痛い」と言われることが多い医療レーザー脱毛ですが、冷却機能の強化や波長の調節により痛みを軽減している脱毛機も多くあります。

また緩やかなレーザーで発毛組織にダメージを蓄積していく「蓄熱式」と、毛根などの発毛組織を直接破壊する「熱破壊式」があるのも医療レーザー脱毛の特徴です。

一般的に蓄熱式の方が痛みが少なく、熱破壊式の方が早く効果が出るといわれています。

編集部
ここからは、レーザーの種類ごとに脱毛器・クリニックをまとめてご紹介していきます。

ダイオードレーザー|色黒・毛が薄い場合もOK

ダイオードレーザーとは、主に808㎚前後の波長をもつレーザーで、医療レーザー脱毛のなかでも幅広い毛質・肌質に対応可能です。

またメラニン色素ではなく「バルジ領域」という発毛組織に作用する方式のため、ほくろや色素沈着の部分にも照射ができるメリットもあります。

こんな方におすすめ!

・日焼けをしている方
・産毛なども残さずツルツルにしたい方
・痛みに弱いという方
・肌の炎症を起こしやすい方

脱毛機名 導入クリニック
メディオスターNeXT PRO ゴリラクリニック

メンズリゼ

メンズエミナル

ライトシェアデュエット メンズリゼ

アイシークリニック

メディオスターモノリス レジーナクリニックオム

ウィルビークリニック

ラシャ メンズリゼ
クリスタルプロ メンズエミナル

メディオスターNeXT PRO

メディオスターNeXT PRO

  • 蓄熱式
  • 皮膚に近い部分の発毛因子「バルジ」がターゲット
  • 照射ヘッドに強力な冷却装置を設置

メディオスターNeXT PROは、スムースパルスと呼ばれる照射方式を使用したレーザー脱毛機です。

照射ヘッドに360度全方向型冷却システムによる、前冷却・同時冷却・後冷却のトリプル冷却効果が痛みや炎症の軽減につながります。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエット

  • 熱破壊式
  • 2種類のハンドピースで、照射面を使い分け
  • 皮膚の吸引機能で痛み・火傷のリスクを軽減

ライトシェアデュエットのHSハンドピースでは、照射と同時に皮膚を吸引するシステムがあるのがポイントです。

皮膚を引き延ばすことによる痛みの軽減や、表皮のメラニン色素を拡散させることによる火傷リスク軽減に効果があります。

メディオスターモノリス

メディオスターモノリス

  • 蓄熱式/熱破壊式
  • 2つの波長を組み合わせて照射
  • 4種類のヘッドで施術時間を短縮

メディオスターモノリスは、同シリーズNeXT PROの後続機にあたる脱毛機です。

熱破壊式の脱毛に加え、痛みを感じにくく、産毛などの細い毛に効果を発揮しやすいと言われる蓄熱式の脱毛にも切り替えられます。

またヘッドの使い分けがしやすく、短い時間での施術が可能になりました。

ラシャ

ラシャ

  • 蓄熱式
  • 肌の色や部位を気にせず照射が可能
  • レーザーの細かい照射で痛みを軽減

ラシャによる医療脱毛は、メラニン色素に反応して毛根を直接破壊する方式と比べ、痛みが少なく肌に優しいことが特徴です。

また顔であれば、1か月に1度程度の間隔で照射ができ、完了までの時間も比較的短く済みます。

クリスタルプロ

クリスタルプロ

  • 蓄熱式/熱破壊式
  • エミナルクリニック独自開発の脱毛機
  • 産毛や敏感肌にも使用可能

クリスタルプロは、メンズエミナル(エミナルクリニック)が独自開発した医療レーザー脱毛機です。

蓄熱式と熱破壊式の2種類の脱毛方式を切り替えられるようになっており、剛毛の髭から産毛まで、幅広い毛質に効果が期待できます。

アレキサンドライトレーザー|肌の表面にある毛に

アレキサンドライトレーザーとは、755㎚前後の波長をもつレーザーのことで、医療脱毛レーザーの中でもメラニン色素に反応しやすいレーザーです。

表地の近くにある毛や毛根に対して効果を発揮しやすく、脱毛効果を実感しやすいとされています。

また、毛穴の黒ずみやしみ・そばかすにも反応するので、脱毛と同時に美肌効果も期待できます。

編集部
ほくろの周囲や黒く日焼けした肌には施術が行えない場合があるので注意してください。

脱毛機名 導入クリニック
ジェントルレーズ 渋谷美容外科クリニック

湘南美容クリニック

ジェントルレーズプロ ゴリラクリニック
ジェントルマックスプロ ダビデクリニック
クラリティツイン みやざき美容クリニック
スプレンダーX みやざき美容クリニック

ジェントルレーズ

ジェントルレーズ

  • 熱破壊式
  • 米国食品薬品局(FDA)・厚生労働省より認可
  • 素早い表皮の冷却・保護機能

ジェントルレーズは、1998年の開発以来の長い歴史を持つ、アレキサンドライトレーザーの代表的な脱毛機です。

ロングパルスのレーザーで毛母細胞(発毛組織)のみに効果を出し、特に男性の髭などの濃い毛に優れた発毛効果が期待できます。

ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズプロ

  • 熱破壊式
  • 毛穴の黒ずみやニキビ跡等にも効果アリ
  • 広い照射面で時短が可能

ジェントルレーズプロは、ジェントルレーズの後継機で、特に照射面のサイズと照射速度に大きな違いがあります。

肌に優しい波長や冷却効果はそのままに、広い照射面と2秒に3回の高速照射が可能になりました。

施術時間の短縮という面でも、肌の負担の軽減が期待できます。

ジェントルマックスプロ

ジェントルマックスプロ

  • 熱破壊式
  • 皮脂腺開口部・バルジ領域・毛乳頭の3か所に作用
  • 2種類のレーザーを使い分け

ジェントルマックスプロは、医療レーザー脱毛機の中でも数少ない、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類を使い分けられる脱毛機です。

レーザーの効果が出る範囲は、表皮近くから毛根の発毛組織までと幅広く、様々な毛質・肌質に対応できます。

クラリティツイン

クラリティツイン

  • 熱破壊式
  • 黄色人種の肌に適した脱毛方式
  • 空気冷却で快適な施術

クラリティツインは「日本人のための脱毛」とも言われる、黄色人種であるアジア人のために開発された脱毛機です。

肌の内部まで均一にレーザーを届けるフラットトップビーム技術により、ムラのない脱毛効果と痛みの軽減に期待ができます。

スプレンダーX

スプレンダーX

  • 熱破壊式
  • 大きなスクエアの照射スポットで時短を実現
  • 2種類のレーザーを同時照射可能

スプレンダーXは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを、切り替えではなく同時に照射できる脱毛機です。

四角形の照射面で重ね打ちなどのロスを減らし、よりスピーディーな施術を可能にしています。

ヤグレーザー|肌の奥深くまで届く

ヤグレーザーは、1064㎚という医療用レーザーの中でも長い波長をもつレーザーで、男性の髭などの太い毛に向いているレーザーです。

医療レーザー脱毛の副作用として「硬毛化」が挙げられますが、ヤグレーザーは硬毛化した毛や抜けにくい毛に対してもしっかり脱毛効果が期待できます。

またメラニン色素への反応が弱いため、日焼けした肌やもともと色黒の肌にも照射がしやすいです。

編集部
他の脱毛方式と比べて痛みを強く感じやすいため、痛みに弱い方は麻酔の使用を検討してください。

脱毛機名 導入クリニック
ジェントルヤグ メンズリゼ

ゴリラクリニック

レジーナクリニックオム

ジェントルマックスプロ ダビデクリニック
クラリティツイン みやざき美容クリニック
スプレンダーX みやざき美容クリニック

ジェントルヤグ

ジェントルヤグ

  • 熱破壊式
  • 波長の長いレーザーで表皮へのダメージを軽減
  • 冷却ガスで快適な施術

ジェントルヤグに使用されるヤグレーザーは、医療脱毛レーザーの中でも波長が長く、表皮へのダメージを抑えて毛根に脱毛効果を与えられます。

またレーザーに同期した冷却ガス噴射(DCD)により、ジェルなどに比べて快適な冷却効果を実現しました。

ジェントルマックスプロ

ジェントルマックスプロ

  • 熱破壊式
  • 皮脂腺開口部・バルジ領域・毛乳頭の3か所に作用
  • 2種類のレーザーを使い分け

ジェントルマックスプロで使用されるヤグレーザーは、表皮の色素ではなく、深部にある発毛組織に作用するため、日焼けした肌などにも使用できます。

また照射前の冷却はコンピュータ制御されており、効率的で均一な施術ができるところもポイントです。

クラリティツイン

クラリティツイン

  • 熱破壊式
  • 黄色人種の肌に適した脱毛方式
  • 空気冷却で快適な施術

クラリティツインでは、直径2㎜から20㎜の9種類の照射稿を備えており、口の周りなど細かな部分にも的確に照射が行えます。

波長が長く深くまで届くヤグレーザーを、ピンポイントに当てられるので、男性の太い髭にも効果が出やすいです。

スプレンダーX

スプレンダーX

  • 熱破壊式
  • 大きなスクエアの照射スポットで時短を実現
  • 2種類のレーザーを同時照射可能

スプレンダーXでは、ヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーが同時に照射されます。

また2種類のレーザーが、患部に均一に照射される技術を取り入れているため、1度の照射で様々な深さ・太さの毛に脱毛効果を与えられます。

ハイブリット|複数のレーザーを同時照射

ハイブリッド型とはその名の通り、複数のレーザーを組み合わせて照射できる脱毛手法です。

組み合わせ方によって「切り替え式」や「同時照射式」など違いはありますが、どれを選んでも幅広い種類の毛に対応できます。

頬やあご、鼻の下といった部位によって、生えている毛の太さや密度はまばらなことが一般的です。

編集部
どれか1つに特化した脱毛機では不十分だという方は、様々な効果のあるハイブリッド型を検討してみてください。

脱毛機名 導入クリニック
ソプラノアイスプラチナム メンズジェニー
ソプラノチタニウム アイシークリニック
エリートMPX はなふさ皮膚科

ソプラノアイスプラチナム

ソプラノアイスプラチナム

  • 蓄熱式
  • 出力を抑えて痛みを軽減
  • 日焼けした肌にも施術が可能

ソプラノアイスプラチナムは、メーカー最上位機種とされており、医療レーザー脱毛の中でもトップクラスの痛みの少なさと言われています。

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類をブレンドして照射し、毛包全体に熱をためていく方式で、低刺激の脱毛を実現しました。

ソプラノチタニウム

ソプラノチタニウム

  • 蓄熱式
  • 3種類のレーザーをブレンドし、幅広い効果アリ
  • ムラの少ない連続照射

ソプラノチタニウムでは、3種類のレーザーをブレンドして照射することで、産毛などの細い毛も含めて幅広い効果が期待できます。

また、レーザー照射面と冷却面が同じ場所に設計されているため、より安全で痛み・ムラの少ない照射が可能です。

エリートMPX

エリートMPX

  • 熱破壊式
  • 2種類のレーザーを単体・同時で選択可能
  • コンピュータ制御の冷却システムを搭載

エリートMPXでは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの単体または、同時(連続)照射を選択できます。

毛の太さや色素沈着の具合によって、部位ごとに最適なタイプを選べる脱毛方式です。

髭の光脱毛の種類を比較

続いては、多くの脱毛サロンで導入されている「光脱毛」について紹介していきます。

光脱毛とはその名の通り、光を肌にあてることで脱毛を行う方式です。

光の種類によって大きく3種類あり、さらにそのうちのいくつかを組み合わせたハイブリッド方式も合わせると4種類となります。

医療レーザー脱毛と比べて出力が弱い分、肌に優しく痛みを感じづらいです。

編集部
照射前後の冷却も行われるため、痛みに弱い方や、肌へのダメージが気になる方におすすめです。

脱毛方式名 導入サロン
IPL リンクス

レイロール

SHR ローランドビューティーラウンジ
SSC メンズミュゼプラチナム
HHR(ハイブリッド) メンズクリア

IPL

  • 蓄熱式
  • 幅広い波長の光で様々な毛に効果アリ
  • 導入しているサロンが多い

IPLとは、Intensive Pulse Light(インテンシブ・パルス・ライト)の略で、メラニン色素に作用する光を毛根に集め、脱毛を促す方式です。

この光には、数種類の波長が含まれているため、表皮近くから根の深い毛まで、広い範囲に光を届けられます。

SHR

  • 蓄熱式
  • 毛周期を待たずに施術が可能
  • 照射スピードが速く施術時間が短い

SHRとは、Super Hair Removal(スーパー・ヘアー・リムーバル)の略で、表皮近くにあるバルジ領域にアプローチする光脱毛方式です。

IPLなどと比べて導入サロンは少なめですが、毛周期に関係なく施術が行え、肌色・毛色にあまり影響されないことから、高い評価を獲得してます。

SSC

  • 蓄熱式
  • 光脱毛の中でも痛みが少ない
  • 敏感肌でも施術が可能

SSCとは、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)の略で、他の光脱毛とは異なり、肌に塗布するジェルに脱毛効果のある脱毛方式です。

ジェルに含まれる脱毛成分を、クリプトンライトという穏やかな光で肌の奥に浸透させることで抑毛・減毛の効果を発揮します。

HHR(ハイブリット)

  • 蓄熱式
  • 主にIPLとSHRのいいとこどり
  • サロンによって脱毛機にこだわっている場合が多い

HHRとは、Hybrid Hair Removal(ハイブリッド・ヘア・リムーバル)の略で、その名の通り、複数の光を組み合わせた脱毛方式です。

ハイブリッド式の光脱毛機は、各サロンがオリジナルで設計していることも多く、男性の髭に特化した方式など、ピンポイントな効果が期待できます。

髭のニードル脱毛・美容電気脱毛の種類を比較

次に、ニードル(針)脱毛について紹介していきます。

肌の上から照射を行うレーザー・光脱毛と異なり、毛穴に極細の針を刺し、毛根に直接電流を流すことで脱毛を行います。

刺激が強いぶん、脱毛の中でも特に痛みが強い方式といわれますが「その場で毛が無くなる」というのが大きなメリットです。

施術を行った毛はその場で抜け落ちるため、施術の前後ですぐに効果が実感でき、永久脱毛効果もあります。

編集部
毛の1本1本にアプローチを行うため、髭のデザイン脱毛などの細かなリクエストに応えられます。

エステサロンでのニードル・美容電気脱毛

エステサロンでのニードル脱毛は「美容電気脱毛」と呼ばれることもあり、その名の通り、肌ケアなどの美容効果をあわせもつ場合が多いです。

効果が強いぶん痛みも強いといわれるため、冷却や保湿などのケアを積極的に行っているサロンが多いようです。

編集部
光脱毛と組み合わせて、光で脱毛しきれなかった毛をニードル脱毛で処理する柔軟な対応も可能です。

導入サロン
メンズTBC
ダンディハウス

医療脱毛クリニックでのニードル脱毛

医療脱毛クリニックでは、医療レーザー脱毛が主流であり、ニードル脱毛をメインで導入しているクリニックはあまり見られません。

とはいえ、東京や神奈川、大阪などの大都市に店舗を構えるクリニックでは、メニューにニードル脱毛がある場合もあります。

医療機関でのニードル脱毛は、医師によるアフターフォローがあるところがポイントです。

編集部
レーザーなどにアレルギー反応を起こしてしまうが、医療脱毛を受けたい方に向いています。

導入クリニック
大船T’s形成クリニック
赤坂クリニック
きぬがさクリニック

髭脱毛の種類に関する疑問・知恵袋の質問を解決!Q&A

最後に、メンズ髭脱毛に関してよくある疑問や質問を取り上げて解説していきます。

ここまで脱毛の種類、脱毛機の違いなどをご紹介してきましたが、髭に関する悩みや考え方は人それぞれです。

まだ新しい分野である髭脱毛では、様々な懸念事項があります。

編集部
知恵袋に上がっていた質問を参考に、脱毛クリニック・サロンを選ぶ際のお悩みを解決していきましょう。

同じ脱毛レーザーでもクリニックによって効果の違いがあるのはなぜ?

医療脱毛で使われているレーザーの種類は、概ねアレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3種類です。

脱毛機ごとに、冷却機能や医師の操作する部分の仕様に違いはありますが、同じレーザーを使っていれば基本の波長や効果は同じです。

編集部
ではなぜ、同じレーザーを使っているはずでも、クリニックによって評価の差が出てくるのでしょうか?

理由1:個人差

レーザーによって肌質や毛質に向き不向きがあるため、同じレーザーを使っても、受けた人の体質などによっては効果に差が出ます。

理由 2:出力の差

波長の同じレーザーでも、脱毛機の仕様によって出力に差があります。

痛みを軽減や照射の間隔を調節するための工夫ですが、単発の結果で見ると、効果の高低という形になってしまうことがあります。

理由3:スタッフ技術の差

脱毛は人の手によって行われるため「スタッフの照射技術の差」が出てしまう場合もあります。

編集部
髭脱毛は繰り返し行う施術ですので、回数を重ねれば平均化されて、最終的には誰でも同じくらいの結果が期待できるでしょう。

肌が弱いとダメな髭脱毛の種類があるって本当?

A太さん
脱毛による肌荒れやかゆみなどの肌トラブルが起きてしまった…

特に肌が弱い方は「肌にレーザーを当てる」「毛根を熱で破壊する」という施術に対し、不安を抱くこともあるのではないでしょうか。

医療脱毛クリニックのレーザー脱毛は、高出力のレーザーを使用するため、脱毛サロンの光脱毛などと比較すると肌へのダメージが大きい傾向にあります。

軽い赤み程度であれば誰にでも起こりうる副作用ですが、肌が弱い方の場合は、より深刻な肌トラブルにつながる可能性も考えなくてはなりません。

こんな方は気をつけて!

・肌が荒れやすい
・肌が乾燥しやすい
・過去に脱毛でトラブル経験済み

多くのクリニック・サロンでは無料のカウンセリングや試し打ちを実施しているため、きちんと相談して確認してみるといいでしょう。

髭脱毛の種類をチェックして自分に合うものを見つけよう

編集部
今回は髭の脱毛について、使用する脱毛機や脱毛方式の差という観点から紹介してきました。

種類が多く、選ぶ際に迷ってしまうかもしれませんが、それぞれの方式には、それぞれ得意な脱毛のパターンがあります。

特に毛質や肌質といった、直接施術に関わる部分に関しては、かなり細かく得意・不得意があることが分かったのではないでしょうか。

髭脱毛を検討する際には、まず自分の毛質、肌質を見極めることが大切です。

それから各クリニック・サロンで使用している機材や方式などをチェックして、より効果的に、自分にあった脱毛効果の期待できるものを見つけてみてくださいね。

関連記事